わるうござんしたね(笑)うるさくて

マザーズスマイルコミュニケーション

コーチyumです。

朝から

わるうござんしたね(笑)

どないしても 

いっておきたい事があったんざんす。



この2ヶ月で

ユニバーサルの年間パスポートを購入したことを機に

4回目のユニバに行こうと計画しているわが娘



クラスの友達と行ったり

女友達と行ったりして

とっても楽しそうな様子❤

今まで乗れなかった

ハリウッドやダイナソーにも

乗れる勇気がでたことに

自信をもって

いい顔して帰ってくるのは

わたしも嬉しい事なんです・・・。


が~


行きは お仕事ついでに

お友達のお父さんが 車で乗っけてくださり

帰りは わたしか主人が

ユニバまで迎えに行くという手厚いおもてなし・・。


ちなみに わたしは1回目だけ迎えにいったけれど

それ以降は お友達のお父さんが

その時その時で 交代で

いっているわけです。


昨夜 テスト前の兄に

公文の数学を教えてもらって無事終わらせた娘は

早々と眠りについたけれど

兄は2時まで勉強していたり

お仕事ついでとはいえ

ユニバまで送ってくださるお父さんや

休みの日に

娘を迎えに行く事になっている主人


それって 当たり前じゃなくて

みんな みんな

ありがたいことなんです<m(__)m>


ちなみに、わたしは

迎えに行きたくないから

「(ユニバ行っても)いいよ」って

言わなかった派 (^。^)y-.。o○

これは 私が決めた事



主人は

「いいよ 迎えに行ってあげるよ」と

自分で決めた人(笑)



だから 良いと言えば

いいのだけどね。



まったく関係ない

第三者的立場から

娘に物申したわけです。



母「ユニバに行くことは 年パスもあるし

かまへんとママは思うよ。

ただね、もし あなたが送迎を頼まれたとき

こんなに短いスパンで 自分は入らないのに

心良く送迎できるもんかね?どうおもう?」



娘「え~。も~ 行ったらあかんって言いたいの?」



母「いやいや ちゃうねん。ついでとはいえ

うちまで逆方向に迎えに来てくれるRちゃんのお父さん。

貴重な休みの日に ユニバまで 迎えに行ってくれるパパ。

自分はやりたいことあったけれど、時間をつかって

あなたの宿題をめっちゃ見てくれたお兄ちゃん

そこに、自分だけじゃない協力者が いてくれていることを

ママは 理解してほしいなって思ってる。

当然のことちゃうでっていいたいですわ。」


娘「うん。」


母「ママ 何が伝えたいと思う?」


娘「わたしらだけで 自分で電車でいったら

 誰の協力もかりずにいけるね!(^^)!」


母「ドテっ。そっかそっか~そう伝わったんだね。

ママが言いたいのは、あなたたちが夜遅くに電車に乗る事も

心配なお父さんがいてるってこと。それはそれで 気がかりなんよ。

みんなが 楽しんでいく事は いいけれど 安全に帰ってこれるようにと

安全に行ってくれるように 時間使ってはる人がいるってことさ。」


娘「あ~。なるほど。わかってきた。」



そこに兄登場!!


兄「そやぞ。パパも そんなことのために 時間つかって

迎えにいってるんやからな。ちょっとは 態度で

あらわせよ~。まあ 昨日の家庭教師代は お年玉から

はらってもらおか(笑)はははは」


なんだか 兄の意見もあってか 娘の顔が

スナオに いろんなことを受けとめてくれた表情に変わりました。



そして 

いってらっしゃいと見送る時・・・



娘「ママ お兄ちゃんがな、お駄賃はいらんから ママの代わりに

今日のゴミだしやっといてって(笑)だからこれ持っていくわ」

私「ほんま~。そっか~。ママうれしいわ~。おにいちゃんも

うさぎちゃんも ありがとな!!」


感謝は押し付けられる事ではないことは

わたしもわかっているけれど

私の目から見て見えた事。

彼女の目から見て

見えていないと感じた事。

それは

伝えなければならないではなく

わたしは伝えたいと感じた朝の出来事でした。


思春期だろうが

幼児だろうが

高校生だろうが

そんなのは

わたしの知ったこっちゃない(笑)



あなたを

こんなにも

大切に思ってくれている人がいるということにも

気づく視点をもってほしいと感じた朝のつれづれでした。




子どもの根っこを太く強く育てる

ママのためのコミュニケーション塾 “マザーズスマイルコミュニケーション” コーチングコミュニケーションを身につけ、   日常の子どもとのやりとりに活かす!! 【能力×自信=成果】 ママの一声が 子どもの自信貯金となります。

0コメント

  • 1000 / 1000