なんのために認めてるの?

あなたは何のために

子どもを認めていますか?


日本人の子どもは 欧米や中国に比べ

自尊心が低いそうです。

高校生対象に調査したところ

アメリカの子どもが「わたしは価値のある人間だ」と57%思っているのに対し

日本の高校生は8%だったということを

知りました。

その理由のひとつとして

日本人のあり方や考え方が

「ナンバーワン」を目指す教育に偏っているのに対し

欧米などは

「オンリーワン」を大切に教育をしているという背景があると

考えられています。


私自身も

子ども時代

誰かより優れた結果をだせたのか?

何位だったのか?を

よく問われたなと感じました。

私の場合は

ナンバーワンになる力が

自分にはないと

早々に自分を認めたので

それならば

オンリーワンになる道は・・・?と

思った自分がいたなと

思い出したわけですが(笑)

そんな特異な人間ばかりでは

ないことは

自分が子育てをしながら

理解できたわけです。


マザーズスマイル塾では

「ありのままの子どもを認めるってどういうこと?」というテーマと

「子どもの心と自信を育む認め方」という2つのテーマで

認めるスキルを身につけるチャンスを

お母さまに提供しています。

「参考」マザーズスマイル塾 基礎編


それは
どうしてなのか?というと・・・


自尊心(自己肯定感)は

自分で育むことよりも

人との関係の中で育まれていくものであることが多く

家族や周りの人たちの協力が
とても必要だからです。



お母さんが

子どもをありのまま認めたり

子どもの自信を育む認め方を知る事で

日々の生活の中で

子どもの自尊心(自己肯定感)を
貯金することができる。


そんな家族との日々が

子どもの自尊心の貯金となり

社会に出てから

困難にであったときも

柔軟に処理できる力となることを

願っているからなのです。

今すぐ

どうこうではないことかもしれません。

ただ

子どもを認めることは

子どもの生きていく上で

大切な貯金になることを

私は信じています。

もし

認めることを

やりつづけることが

困難だなと感じている場合は

もしかしたら

何かを期待して

認めている自分自身がいる時かもしれません。


変化がないと

親もやる気を継続することは

難しい・・・


何か 

大きな変化を期待していては

やりつづけることが出来ないことかもしれません。


そんなことを

テーマにして


2016年4月12日(火) 1Day セミナー 

「子どもの心と本当の自信を育むためのお母さんのあり方&捉え方」

を千里中央で開催します。


何のために認めるのか?

それをすることで

どうなれるのか?

子どもの自尊心を育むための捉え方って?

定員15名前後で

皆様と学びあえたらと思っています。


 

日時:4月12日(火)9時50分~11時20分(9時40分開場)

場所:千里中央 徒歩1分

講師:田崎由美(マザーズスマイルコミュニケーション 代表)

参加費:3,000円(テキスト込)

定員:15名様

お申込み:こちらをくりっく

子どもの根っこを太く強く育てる

ママのためのコミュニケーション塾 “マザーズスマイルコミュニケーション” コーチングコミュニケーションを身につけ、   日常の子どもとのやりとりに活かす!! 【能力×自信=成果】 ママの一声が 子どもの自信貯金となります。

0コメント

  • 1000 / 1000