思春期にチャレンジさせられること

マザーズスマイルコミュニケーション
コーチyumです。


朝から

娘のいれてくれた

珈琲を

いただいてます。

娘の珈琲は、

とてもおいしい❤



昨日は

娘の

公文の日


公文へは

車で20分ほど


小さい頃から

息子も娘も

わたしが送迎してきたんです。



思春期に入る娘

わたしが送迎をすることは

あまりに日常すぎて

感謝もわかない。

車に乗れば

公文の前。

なにも考えず

無意識でも

到着することを

長年つづけてきました。

いいのです。

わたしは娘を

安全に送り届けることが

とても大切なことだと感じているので

それはそれでよいのです。


わたしは

息子とも

娘とも

コミュニケーションのとれる

信頼関係を

築いてきました。

大切なことが伝わり

必要なことは伝えてくれることを

信じて接しています。

思春期にはいり

いろんなことが

めんどくさくなるこの時期に

わたしは

ひとりで公文に通うことを

息子にも

娘にも

勧めました。

車で20分

ひとりでいくと

1時間です。

昨日は

娘も往復2時間かけて

公文へ行って帰ってきました。

公文での勉強の時間は

二時間半くらいだったのかな?

半日仕事でしたね。

でも

とても

いいおかおをしていました(*´ω`*)

車で送迎しては

なにも感じない道のりに

娘が

どんなことをかんじ

何に気づき

過ごしていたのか?

聞いてみたら

とても

彼女らしい発見をしていました!



わたしは

娘を信頼しています。

危ない目にあわないように

二人で気を付けるところを

話し合うこともしました。

彼女なら

自分を大切にできないような

判断をしないと信じて

送り出しました。


こうやって

わたしが見送ることで

娘も自分で自分に

自信を持つチャンスを

得ていくのですね。

わたしが娘の手を握っていた

その手の指を

昨日は一本放した一日でした。




子どもの根っこを太く強く育てる

ママのためのコミュニケーション塾 “マザーズスマイルコミュニケーション” コーチングコミュニケーションを身につけ、   日常の子どもとのやりとりに活かす!! 【能力×自信=成果】 ママの一声が 子どもの自信貯金となります。

0コメント

  • 1000 / 1000