わたしのセッション

本屋大賞をとった
羊と鋼の森をよんでいる。
わたしが
この類いの本を手に取るのは
珍しいなとおもいながら
本屋のレジに並んでいました。
宮下さんの言葉が
本当にすんなりと
とても心地よく
わたしに入ってきてる。


小説に
線を引きながら
読んだのは
とても新しく思う(笑)


わたしが言葉にできなかったことが
ここには言葉で表されている。
言葉との出会いを
なんどもなんども
経験させてくれる本


心が喜んで仕方がない♪

わたしのセッションを受けてくれた人が
伝えてくれたこと。
それを、まとめて表現してくれる
部分があった。

一歩ずつ、一足ずつ、確かめながら
近づいていく。
その道のりを大事に進むから
足跡が残る。
いつか迷ったときに
足跡がめじるしになる。
~羊と鋼の森より~


わたしのセッションは
時間をかける
継続セッションでしか
味わえない深みもある。
それは、わたしが与えるのではなくて
クライアントの深みがあらわれるのだと
思う。
目標を達成するだけのセッションではなく
自分をより理解し
自分を愛して
この瞬間から
足跡を残しながら
あるける力を
もてるセッション♪


わたしはクライアントとともに
そんなセッションを構築してきたように
思う。


あなたの希望を聴き
叶える力があることに気づけ
人生を豊かに叶えることができる
セッションをこれからも…。

子どもの根っこを太く強く育てる

ママのためのコミュニケーション塾 “マザーズスマイルコミュニケーション” コーチングコミュニケーションを身につけ、   日常の子どもとのやりとりに活かす!! 【能力×自信=成果】 ママの一声が 子どもの自信貯金となります。

0コメント

  • 1000 / 1000